社会福祉法人神女きずな会 神女中山手保育園は平成23年4月に開園しました。

NEWS

10月のつどい「お弁当をもってでかけよう」

平成30年10月31日

山の斜面もどんどん登ります

10月24日(水)幼児クラスは諏訪山へ園外保育にでかけました。3歳児すみれグループは金星台でどんぐりを見つけたり、葉っぱを見つけたりと、自然遊びを満喫しました。4歳児ひまわりグループと5歳児さくらグループは灯籠茶屋周辺まで足を延ばし、秋探しを楽しみました。

親子であそぼう

平成30年10月31日

10月19日(金)は2歳児にじ組の親子うんどうかい『親子で遊ぼう』でした。神女中山手保育園の園歌を並んで歌います。かけっこも名まえを呼ばれると、返事をしてスタートラインに並べるようになりました。親子で楽しむ「お買いものごっこ」では野菜を動物に食べさせたり、わらべうたあそびをしたりと、2歳児らしい和やかで楽しい競技になりました。

子どもたちが食事をしている間、神戸女子短期大学幼児教育学科の塚田先生に助言をいただきながら、クラス懇談会「子育てサロン」を開催しました。子育ては一般的にポジティブな感情だけに焦点があてられがちですが、ネガティブな感情も決して不自然な感情ではありません。

参加者の皆さんから多くの話を聞くことができ、子育てについての意義深い時間を持ちました。

  • 親子でわらべうたあそび

幼児クラスの「うんどうかい」

平成30年10月31日

10月13日(土)はポートアイランドキャンパスの体育ホールで幼児クラスの「うんどうかい」を開催しました。サッカーワールドカップのテーマ曲で入場行進をした後は、5歳児の「はじめのことば」でスタートします。「竹馬あそび」は5歳児だけの演技です。日頃から自分たちで技を考え、一緒に助け合いながら繰り返し乗れるようになるまでチャレンジしてきました。行事をリードしてくれる5歳児さくらグループは、皆の憧れの存在です。

親子競技では子どもたちも大喜びです。ボール運びやデカパン競走、二人三脚など特別はりきって競技に熱中しました。来賓や保護者の皆様には「パン食い競走」や「綱引き」「大人本気リレー」など大勢にご参加いただき、子ども達の大歓声の中で、大盛り上がりでした。

今年も大学・短大関係者の皆様には多くのご配慮をいただきました。学生ボランティアさんのサポートもあり、おかげさまで楽しいうんどうかいを開催することができました。

  • 毎日盛り上がるクラス対抗リレーです

えいごであそぼう

平成30年9月28日

神戸女子大学 英語英米文学科の先生と学生による今月の「えいごであそぼう」は乗り物と場面のマッチングゲームです。

バス、救急車、消防車、パトカー、飛行機、船などの乗り物にアメリカ、中国、病院、火災現場、警察、どろぼうなどの場面カードを合わせていきます。「bus」「ambulance」「fire engine」「police car」「plane」「ship」と乗り物を答えたり選んだりして英語に楽しく慣れていきます。

Hello songやGood bye songも覚えて、歌えるようになってきました。

キッズ・クッキング「お魚教室」

平成30年9月28日

今月のテーマは「魚」です。幼児クラスが1クラスずつ順に魚を囲み「お魚教室」を開きました。管理栄養士が今年は鯖を使い、魚の骨や体のしくみを説明します。「魚の命をいただいて人間も命を繋いでいる」という命の育ちと食を実感する体験になりました。

次はホワイトボードを使って子ども参加型のお魚クイズです。子どもたちは積極的に手をあげて答えたり、本物のうろこを手に取ったりして感触を確かめたりしました。鯖は塩焼きにして、ほかほかのご飯にのせて鯖ごはんの出来上がりです。神女中山手保育園では魚メニューが大人気です。

おいしい秋、もう食欲がとまりません。

ミュージックケア

平成30年9月28日

8月27日(月)29日(水)「そよかぜひろば」地域の親子の皆さんと園児が「ミュージックケア」に参加しました。聞き覚えのあるクラシック曲や子どもの大好きな歌に合わせて、リズムを感じながら手足や全身で表現を楽しみます。

「にじ」の歌に合わせてミュージックベルを使った演奏もその場で作り上げていきます。ツリーチャイムや様々な楽器を使った音楽あそびは、心を開放してくれるあそびです。

1年生を招いて

平成30年9月28日

8月23日(木)は1年生になり、すっかり逞しくなった修了児や旧職員を招き、在園児たちと一緒に園庭で「8月のつどい」を楽しみました。保育園○×クイズ、プールや色水あそび、もぐらたたき、園庭で採れた赤しそを使ったゼリー、ボーリングで盛り上がりました。お楽しみの給食はカレーパーティーです。修了児の皆さんが元気な姿を見せてくれた思い出の一日です。

味噌作りをしました

平成30年8月31日

8月3日(金)5歳児さくらグループが「味噌作り」に初めてチャレンジしました。乾いた大豆と水に一晩つけた大豆を比べてみるなど、まずは大豆のお勉強です。味噌が出来上がるまでの工程を管理栄養士から聞いた後、麹と塩、大豆をしっかりと混ぜ合わせて味噌用ポリ袋に詰めていきます。出来上がりは来年2月です。

さぁ!この味噌を使って、今度は何をつくりましょうか。

オペレッタ「たべたーい!びっくりケーキ」

平成30年8月31日

8月7日(火)神戸女子短期大学幼児教育学科の桐原先生とゼミ学生が来園され、楽しいオペレッタを鑑賞しました。テンポよく展開される華やかで優しいストーリーに、子ども達は引き込まれていきます。優しい歌声と笑顔が素敵です。

小さなクラスのお友だちも真剣な眼差しで身を乗り出し、興味津々でした。

  • 「がんばって〜」とストーリーに入りこみ、声援を送る子どもたちでした

お母さんとのつながり・さくらんぼプロジェクト

平成30年8月31日

神戸女子短期大学幼児教育学科の塚田先生と学生による子育て支援活動「さくらんぼプロジェクト」に参加しました。学生が保育を参観し、子どもたちとの交流タイムを重ねます。その後は保護者の皆様の愛情あふれるエピソードをお聞きしながら、やまわきゆりこ著「じぶんでつくる6さいまでのアルバム」を使用し、手作りのページを作成していきます。後日、学生が保護者の皆様と子どもと共にテーブルを囲み、完成したオリジナルアルバムの贈呈を行いました。

  • 写真や手作りのイラストで素敵なアルバムの完成です

えのぐであそぼう・造形あそび

平成30年8月31日

7月12日(木)、神戸女子短期大学幼児教育学科長谷川先生のゼミ学生と、絵具あそびを楽しみました。今年のテーマは「ボールを転がして描こう」です。大きくて長い紙、色とりどりの絵の具や大小様々なボールが準備されています。好きなボールを手に取り、絵の具をつけると真っ白な紙に転がしていきました。好きな色が幾重にも重なり美しい模様を描く様子を目にして、こどもたちは歓声をあげていました。

7月26日(木)はボールを転がして表現した作品をオリジナル色紙にして、切ったり、折ったり、くっつけたりして自由な発想で造形あそびを楽しみました。それぞれのイメージが膨らみ、個性溢れる作品が出来上がりました。

避難消火訓練

平成30年7月31日

安全について学びました

7月17日(火)今月の避難消火訓練は生田警察署に協力いただき、不審者が侵入した設定で訓練を行いました。不審者役の警察官に職員は緊張感を持って対応しながらも、役割分担をし、安全に子どもを避難誘導します。子どもたちはその後、警察官から自分で身を守るための安全講話があり、真剣に耳を傾けていました。

夕涼み会

平成30年7月31日

7月14日(土)さくらグループ(5歳児)の夕涼み会がありました。この日に向けて子どもたちは話し合いを重ね、当日は「クラス対抗カレー対決」でクッキングに取り組みました。カレーを煮込む間、保護者の皆様にもお手伝いいただいた「縁日ごっこ」を楽しみます。

夕食はご家族も参加して、各クラスの隠し味が光るカレーの食べ比べを行いました。ミルク煎餅やチューペットの屋台も登場し、最後は盆踊り、わらべうたあそびで盛り上がりました。

  • こども会議を重ねました
  • くじびき大当たり!
  • さかなが釣れたよ
  • お父さんの太鼓で盆踊り

すいかの日

平成30年7月31日

すいかの重さ比べ

行吉学園の夏の恒例行事を保育園でも開園以来毎年行っています。7月11日(水)は保育園の「すいかの日」でした。

すいかの重さ比べをしたり、切って断面を見たり、クイズで盛り上がります。すいかの栄養は機能性が高く、特に夏バテの解消になる効能もあります。今年の暑い夏を健康に乗り切りましょう。

水遊び・プールあそび

平成30年7月31日

プールあそび大好き

暑い夏を乗り切る保育園での戸外遊びは、何といっても水あそびです。0、1歳クラスは乳児園庭で水の感触を楽しみながら、涼をとります。2歳児クラス、幼児クラスは3階園庭で、ビニールプールや大プールに入り水しぶきを上げながら全身でプールあそびを楽しんでいます。水のシャワーをくぐったり、泡あそびを楽しんだり、ダイナミックなあそびを夏の間、開放感いっぱいに楽しむ予定です。

プラネタリウム見学

平成30年7月31日

青少年科学館の前で

7月3日(火)さくらグループ(5歳児)が神戸青少年科学館へ園外保育に出かけました。プラネタリウム番組では星座に興味を持つ子どもが多く、投映される美しい星空に見入っていました。その後は展示室を見学して帰ってきました。

人形劇をみました

平成30年6月29日

さんまいのおふだ

6月のつどいは「おはなしのくに」さんによる人形劇を鑑賞しました。

人形が一生懸命パンツを自分ではこうとするお話「パンツのはきかた」は、子どもたちからの「がんばれ〜」という大声援がきこえます。天井まで届く高くて長いお話「ほしい・ほしい」、そして鬼婆が怖いハラハラドキドキした「さんまいのおふだ」では、最後までストーリーに引き込まれていました。

梅干しづくり

平成30年6月29日

しその収穫

5歳児さくらグループが園庭で収穫したしそを使用し、6月18日に2018年も梅干し作りをしました。梅を洗い、ヘタを取り除いて水気を拭きとると、部屋の中に爽やかな梅の香が漂います。

3歳児すみれグループ、4歳児ひまわりグループのお友だちも「いいにおい」と集まってきて、興味津々に作業の様子を見守っていました。

梅、しそ、塩を瓶に詰めて重石をして作業は終了です。天日干しの後、いよいよ梅干しが完成します。

歯の衛生

平成30年6月29日

歯みがき指導

6月6日は歯科衛生士さんによる歯みがき指導の日でした。パペットや大きな歯の模型を使ったお話を聞き、家庭で使用している歯ブラシを使って歯みがきの練習をしました。さらに5歳児は歯垢染色を行い、磨き残しを確認しました。

6月22日は4,5歳児が歯科健診を受けました。「寝る前の歯みがき」と「丁寧な仕上げ磨き」が大切です。これからもきれいな歯を保つことが出来るようにしましょう。

子どもの料理教室

平成30年6月29日

包丁も使います。

5月24日(木)5歳児さくらグループが神戸女子短期大学・ポートアイランドキャンパスへでかけて「子どもの料理教室」に参加しました。

毎年、食物栄養学科の先生や学生の手厚いサポートを受けながら、子ども主体のクッキングを楽しんでいます。この日のメニューは「さわらの野菜あんかけ」「たことおくらの酢の物」「あさりと小松菜の味噌汁」でした。昆布やさわら、たこやあさりなど海の食材について学び、実際に調理を行うことで、達成感いっぱいの食育活動になりました。最後は学生手作りのランチョンマットに料理を並べて、美味しい昼食をいただきました。

保育参観

平成30年6月29日

給食です。どうぞ。

6月と11月は保育参観と個別懇談の月です。0,1,2歳児クラスの保護者の皆様にはマスクと帽子で変装して、保育室をご覧いただきます。ほとんどの子どもたちは気付く様子もなく、普段通りに過ごしていました。3,4,5歳児の幼児クラスは保育室の中に入り、お父さんお母さん先生に絵本を読んでいただきます。子どもたちと一緒に過ごした後は、給食の試食です。その後個別懇談で情報交換を行いました。