社会福祉法人神女きずな会 神女中山手保育園は平成23年4月に開園しました。

NEWS

お泊り保育

平成28年7月29日

7月16(土)17(日)は5歳児が保育園でおとまりをする日です。「お父さん、お母さんがいないから夕飯は自分たちで作る」と前日に買い物もすませていました。今年のテーマは「夜店ごっこ」です。焼きおにぎりと醤油コーンとポテトサラダは自分たちで作りました。その他にから揚げ、フランクフルト、枝豆、人形焼き、チョコバナナ、そして、色々なお楽しみコーナーもあります。満足の時間が過ごせたので、夜は全員ぐっすり眠っていました。そして、翌日、保護者の胸に飛び込んでいく子どもたちの表情は自信に満ちて、一回り成長したように見えました。

  • お買い物
  • クッキング
  • パジャマでパチリ

すいかまつり

平成28年7月29日

行吉学園の夏の恒例行事「すいか祭り」を保育園でも開園以来毎年行っています。今年もなんと12kg以上もある大きな大きなすいかとそのすいかを切る大きな包丁に子どもたちはびっくりしていました。暑い夏には身体を冷やしてくれる旬の野菜をたくさん食べて、夏ならではの遊びを楽しみましょうね。

神戸女子大学文学部教育学科の学生の見学

平成28年7月29日

7月9日(土)に神戸女子大学文学部教育学科3年生の見学がありました。最初に園の概要について、パワーポイントを見ながら説明し、その後自由に園内見学です。その後約30分間ですが、わらべうたを学生に体験していただきました。午後は先輩保育士の話です。真剣に聴いて積極的に質問してくる学生たちの姿に頼もしさを感じました。これから始まる保育実習へ向けてがんばってください。

プラネタリウム鑑賞と七夕のつどい

平成28年7月29日

7月5日(火)5歳児はポートアイランドにあるバンドー神戸青少年科学館でプラネタリウムを鑑賞し、翌日は保育園のみんなで七夕のつどいを楽しみました。つどいでは、今月も5歳児が主役になって「柳の下には」にあわせてじゃんけんゲームをしました。

最後は先生によるブラックシアター「たなばた」です。
夜空の星、ひこぼしとおりひめが…と子どもたちの夢がふくらむ毎年恒例の行事です。

文学のつどい

平成28年7月29日

6月16日(木)のつどいのテーマは「文学」と大それた名前がついていますが、物語を聴いたり5歳児が詩を朗読したりします。うみ組は「これはいつも遅れがちな時計」、やま組は「カエル遊び」、そら組は「すみれちゃんももちゃん」です。言葉を覚えて、友だちと一緒に発表する表情は緊張しながらも誇らしげに輝いていました。

最後は保育士たちからの人形劇「ありこのおつかい」です。
言葉からイメージをふくらませる豊かなひとときでした。

保護者の皆様と連携して

平成28年6月27日

お父さんと折り紙

神女中山手保育園では6月と11月を「保育参観・給食の試食・個別懇談」の月と決めて、保護者の方に都合の良い日を選んで来ていただいています。乳児の保護者は帽子やマスクをつけて子どもに気づかれないように、幼児の保護者には途中で保育士体験もしていただくので、子どもたちはその日をとても楽しみにしています。

そして、管理栄養士の話を聞きながらの給食試食会、担任保育士との個別懇談も行います。子ども、保護者共に有意義な1日になりましたら嬉しいです。

歯を大切に

平成28年6月27日

6月7日(火)4、5歳児が歯科医の健診を受けました。

健診後、先生が「虫歯の無い子が多かったです、家庭での口腔ケアがしっかりされていますね」と言ってくださいました。

また、9日(木)は歯科衛生士さんから歯みがき指導を、そして、5歳児は歯に歯垢染色液をぬってもらい、鏡を見ながら歯みがきをします。最後に一人ずつ歯を見てもらって全員が「歯みがき名人」になることができました。

お花の定植

平成28年6月27日

5月に蒔いた花の種が芽を出し本葉もでてきました。いよいよ定植です。6月第1週に5歳児は一人ずつ自分の植木鉢にひまわり、コスモス、あさがおの中から好きなのを選んで植えました。「どんな花が咲くのかな?」楽しみにしながら、毎日の水やりもがんばっています。

子どもの安全講習会

平成28年6月27日

5月26日(木)のつどいに看護師さんに来ていただいて「体」や「怪我」についてのお話を聞きました。幼児は日頃の「環境認識」の中で学んでいるので骨や筋肉など体のしくみを興味深く聴いていました。そして、「もし、高いところから落ちたら頭はどうなるのかな?」という実験もありましたが、迫力があって印象に残ったようでした。楽しく安全に遊ぶことの大切さを再確認することができました。

子どもの料理教室

平成28年6月27日

5月24日(火)、5歳児が神戸女子短期大学で行われた「子どもの料理教室」に参加しました。先生の「今日の献立はお姉さんも手伝いますが、作るのは皆さんです」の言葉に、わくわくしながらスタートしました。

きゅうりの皮をピーラーで剥き、教えていただいたように包丁を使って切っていきます。また、味噌を溶かすと液体になり、出し汁に入れると、鍋いっぱいに広がる香りを感じます。火傷をしないように魚焼き網から魚をはずしてお皿に盛りつけました。全力で思考し、集中する子どもの表情は真剣そのものでした。怪我なく、そして、お料理が自分たちで完成できるように、お姉さん達の細やかな配慮と援助が行き届いていました。

今日の献立は「枝豆ごはん」「さわらの野菜あんかけ」「きゅうりのごま酢和え」「わかめと豆腐の味噌汁」です。できました!!みんなで美味しくいただき、満足感でいっぱいでした。

食物栄養学科の先生方、学生の皆さん、楽しい料理教室をありがとうございました。

神戸女子短期大学2年生の観察実習

平成28年5月31日

5月20日、27日(金)の2回にわけて2年生112名が観察実習にやってきました。間もなく保育実習を控えているので真剣に学ぼうとする姿が印象的でした。

  • 幼児の毎日体操
  • わらべうたを体験しました

諏訪山公園へ

平成28年5月31日

5月18日(水)4、5歳児がおにぎり弁当を持って諏訪山へ出かけました。川べりで枝を手に、何やら無我夢中になって遊んでいます。「うわーさんまが釣れた!」・・・え?さんま?思わず注目すると、木の枝を川面に垂らして葉っぱの魚を釣り上げています。石を川に投げ、流れ着いたボールを拾い、葉っぱの筏を流し、どこからか探し出した長い枝を手に探検、いつまでも遊び足りない楽しい時間。でも保育士の一声で一斉に集まってきました。それは「おにぎりお弁当の時間ですよ〜」です。新緑の中で頬張る手作りのおにぎり、本当においしかったですね。

お弁当ごっこ

平成28年5月31日

5月13日(金)はお楽しみランチの日です。幼児は家から持ってきた自分のお弁当箱に調理室でつくってもらったおかずと自分で握ったおにぎりを入れます。鶏肉の照り焼き、フライドポテト、ブロッコリーのサラダ、プチゼリー、そして、人参ごまご飯です。天気は晴れ、3階の屋上でみんなで一緒に食べました。

わくわくする楽しい一日でした。

夏野菜の苗を植えました

平成28年5月31日

気温がぐんぐん高くなって、3階の体験広場に夏野菜を植える季節になりました。5月の第2週は5歳児が中心になって色々な苗を植えました。さつまいも、トマト、枝豆、きゅうり、オクラ、ピーマン、なす、そして、朝顔、ひまわり、コスモスの種まきもしました。なんと、カエルが跳び出してきたのでびっくりするやら嬉しいやら。そうなんです。体験広場にはカエルが2〜3匹?住んでいて、時々顔を見せてくれるのです。

えいごであそぼう

平成28年5月31日

今年も神戸女子大学文学部英語英米文学科の学生が毎月1回、年間10回「えいごであそぼう」に来てくださることになっています。4月28日(木)は今年初めての日でしたが、4、5歳児は昨年も経験して楽しい時間だとわかっているので、初めて経験する3歳児をつれて遊戯室にやってきました。

絵本が大好きな子どもたちはエリック・カールの美しい絵と 長谷川先生の表情豊かな英語に魅せられて、とても興味をもって見ていました。そして、遊びに使った動物カードは嬉しいおみやげです。今年も楽しい「えいごであそぼう」をよろしくお願いします。

健やかな成長を願って

平成28年4月28日

4月のつどい

4月14日(木)は青い空が広がり、こいのぼりを揚げるのに絶好のお天気でした。0歳児から5歳児のお友だちが見守るなか、こいのぼりが屋上のポールをするすると上ると歓声があがりました。その後、大きな大きな鯉のぼりも出てきました。さわったり中をくぐったりしながらたっぷり触れ合って楽しむことが出来ました。1階ホールには5月人形も飾りましょう。5月中旬までみんなを優しく、温かく見守ってくれることでしょう。

風を受けて元気に泳ぐ鯉のぼりのように、川を力強くのぼる鯉のように、元気に大きくなあれ、逞しくなあれ。

春を楽しんでいます

平成28年4月28日

菜の花と遊ぶ2歳児たち

4月、春爛漫の季節を迎えました。朝、3階に上がると先に遊んでいた子どもたちが口々に呼びにきます。誘われるままに行ってみると体験広場の苺を見せたかったようで、まだまだ青いですが大小様々な実がなっています。子どもたちは体験広場が大好きです。菜の花にはミツバチが蜜を吸いにきていて、パンジーにはてんとう虫もいました。ほうれん草もそろそろ収穫できそうです。月桂樹やレモンの木など、小さな広場に何種類の植物を植えたのか数えたことはないのですが、子どもたちの興味はつきません。5月になったら夏に向けて土くりをして子どもたちと一緒に夏野菜を植えましょう。

新しい年度がスタートしました

平成28年4月28日

入園のつどいで園歌をうたう5歳児

4月1日は新入児を迎える日です。教育センターの桜が満開に咲き、3階の園庭では菜の花が金色の光で祝ってくれているようでした。

今年度は進級児85名、新入園児22名、計107名でスタートしましたが、進級児は一足先に進級式をすませていましたので、大きくなった喜びを全身で表し明るい表情で元気に遊んでいます。

「入園のつどい」ではお家の方と一緒なので新入児はみんなにこにこしていました。新5歳児が張りきって歓迎のことばを言ったり園歌を歌ったりしてくれて和やかなお祝いのつどいになりました。

つどいが終わって保育室に入ると珍しい玩具をみつけて早速遊び始めていました。そして、給食も美味しそうに食べていましたね。0、1歳児はしばらくの間は慣れるために親子登園をしていただきますが、保育園がお家と同じぐらい安心して過ごせる場所になってくれるうに、愛情あふれる保育をしていきます。今年も心をあらたにする日になりました。

第5回しゅうりょうしき

平成28年3月31日

思い出のことばと歌

3月19日(土)晴れ、第5回しゅうりょうしきを行いました。

修了児は一人ずつ名前を呼ばれると、来賓、保護者が見守る中、元気に返事をして緊張しながらも堂々と修了証書を受け取ることができました。

長い人は5年間、短い人は2年間みんなと一緒に過ごしてこんなに大きくなりました。特に年長になってからは、お泊り保育や料理教室など、特別がいっぱいの充実した1年を過ごしましたね。

しゅうりょうしきの後は、がらりと雰囲気を変えて茶話会です。サンドイッチをいただきながら入園当初からの写真をパワーポイントで楽しみました。修了しても皆はずーっと神女中山手保育園の宝物です。修了おめでとうございます。

思い出のクッキング

平成28年3月31日

餃子ができました

修了式を3日後に控えた3月16日(水)は、5歳児最後のクッキングで、1年間一緒に過ごしたクラスの小さいお友だちに餃子をご馳走する日です。

餃子が包めたらクラスの前で焼いてくれました。油をひいて、餃子を並べて焼きます。香ばしい匂いもしてきました。水を入れるとジュワーと白い湯気が上がります。それから蓋をして待つこと5分でできあがりです。お兄さん、お姉さんの姿を年中、年少児はあこがれの眼差しで見ていました。